FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/08/31

おむつバケツには何を入れるべきか。

使用済みの布おむつを入れるバケツには何を入れますか?
以前、私はセスキ炭酸ソーダを入れていました。
なぜなら、私が参考にした布おむつの本かサイトに書いてあったからです。

で、一ヶ月ほど前、セスキが無くなったので、代わりに重曹を入れてみることにしました。
これはなんとなく、です。
理由はありません。
なんとなく、セスキの代わりになるのかと思いまして。

でも、ふと思ったんですよ。
いくら環境に優しいものだからと言って、必要ないなら使わないのが一番環境に優しいのでは?って。
(お財布にも優しいですよね)

根拠もないのに「なんとなく」やるのはよろしくないと思うので、調べてみました。

セスキ炭酸ソーダ(アルカリウォッシュ)
 「油脂をある程度乳化することができる」「タンパク質をある程度分解することができる」ため、皮脂や垢など軽い汚れの洗濯や、ひどい油汚れの下処理、血液汚れ、台所のベタベタ汚れ、取っ手やスイッチ、器物表面の手垢汚れ、などに効果があります。


重曹
 「油脂をある程度乳化することができる」「タンパク質をある程度分解することができる」ため、クレンザー(磨き粉)として使えます。酸性物質の臭いを中和して消します。冷蔵庫や生ゴミ、靴箱や排水溝の脱臭に。入浴剤に。



セスキも重曹も似たような働きをするアルカリ性のものなのですが、アルカリの強さに差がある分、性質に違いがあるので掃除や洗濯の際には使い分けがポイントかと思います。
詳しいことはぜひグーグル先生に聞いてみてください。

尿
 約98%が水であり、タンパク質の代謝で生じた尿素を約2%含む。その他、微量の塩素、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、リン酸などのイオン、クレアチニン、尿酸、アンモニア、ホルモンを含む。通常pH7.4±0.05に維持されている。



おしっこの成分は油脂でもなければタンパク質でもありません。
セスキや重曹が得意とするのは、油脂汚れとたんぱく汚れ。
そのどっちでもないってことは、おしっこ布おむつには役立たずってこと・・・ですよね。
しかもpH7.4ってことはややアルカリに傾いているから、重曹の得意な酸性物質の臭いの中和っていうのも使えないってことですよね。
重曹じゃおしっこの臭いは消せないってこと・・・・?


つ・ま・り。
我が家のように便秘っ子でおしっこ汚れの布おむつしか出ないような場合、おむつバケツに重曹やセスキを入れても無意味!!
なーんですってぇぇぇぇ!!!!!!!!
がーん。
今まで無駄に使ってきたセスキ&重曹よぉぉぉぉ・・・・。

ただし、うんちに関して言えば、タンパク汚れなので、重曹やセスキが有効です。
しかものしかもで、おしっこも食べ物によっては酸性に傾くこともあるし、体の調子が悪いとタンパクがおしっこにでることもあるのでご了承を。
お尻の皮脂が布おむつにくっついているかもしれないので、100%無意味とも言い難いけど、布おむつは頻繁に交換するし、皮脂ががっつり付いているとは考えにくくないでしょうか。

こういう結果になったので、我が家のおむつバケツは水オンリーとなりました。
臭いもあんまりしません。
真夏の暑い時なら違うかもしれませんが。
おしっこ布おむつバケツには水オンリー、うんち布おむつバケツには重曹orセスキ+水、でいいのではないかな、と結論づけました。

参考にしたのは、石鹸百科さんとウィキペディアです♪

コメント

非公開コメント

Re: No title

>きゃーこさま☆
うふふ♪ありがとうございます☆

今回の記事は自分で書いておいてあれですけど、超ショックでしたよ~。
私、息子の時から考えると相当セスキを無駄にしてきましたもん(T△T)
あーもったいない・・・。
ちょろっとの洗濯洗剤で十分ですよね~。

元看護師らしく、根拠が大好きです(笑)
でも、清潔観念は、元看護師とは思えないくらいです・・・私も(笑)

No title

おお〜ブログのデザイン、スッキリかっこいいですね!(って今書くと時系列が狂うかな…)
そして、私も気になっていた布おむつを何で浸け置きしておくか、を記事にしていただきありがとうございます調べる手間が省けました。笑
私は自分の布ナプキンを浸けていた延長でそのままセスキ水を布おむつの浸け置きにしていたのですが、ふと、ちょっと面倒だしこれ効果あるんかな〜と疑問に思ってやめちゃいました。
意味なかったんですねー!!へぇ〜へぇ〜。
最近はちょっと臭いが気になるので普段使っている洗濯用洗剤をバケツにもちょこっと垂らして使ってます。なんだ、これで十分だったじゃないかと。笑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。